セキュリティ・防災
Security /
Disaster Prevention

image

住まう人の生活と幸せを守る、
システムと設備。

セキュリティSecurity

24時間365日を見守るセキュリティシステム。

トリプルセキュリティ

来訪者の出入はエントランス・サブエントランス1を通じ、エントランスホールに集約。エントランスホールで来訪者をお迎えしつつ、3ヶ所のチェックにより居住者の安全を確保します。

トリプルセキュリティ

※集合玄関機及びカメラはエントランス・サブエントランス1及びエントランスホールのみとなります。※来訪者に対し、住戸内モニターで解錠操作ができるのはエントランス・サブエントランス1及びエントランスホールの集合玄関機のみとなります。※サブエントランス2(自転車置場出入口)からの出入は居住者専用のノンタッチキー操作による解錠のみとなります。

24時間セキュリティシステム

日常のセキュリティ管理はオンライン監視による24時間セキュリティシステムを採用。セキュリティセンターで異常を瞬時に判断。緊急対処員がスピーディに対応。さらに24時間365日体制の管理のもと緊急事態にすばやく対応。マンション内の防災・防犯感知をセキュリティセンター(SECOM・相鉄企業)とオンライン接続。総合セキュリティシステムによる日常の安全を守ります。

24時間セキュリティシステム 概念図

※外観完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等の設備機器等や商業施設の看板等再現されていないものがございます。また、植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。※外観は計画段階のものであり、変更の可能性があります。※周辺建物は簡易化しております。

シリンダー&ディンプルキー不正複製がほぼ不可能な、約5兆5千億通りの鍵違い

概念図

鍵穴を小さく丸くしたことでピッキング工具の挿入を困難にし、万一挿入された場合でもアンチピッキングを採用していることで解錠が困難です。またシリンダー内部に埋め込んだプロテクターにより、ドリリングに強い構造になっています。(ドリリングとは、ドリルなどを用いてシリンダーを破壊する手口などのことです)

鍵

キーは鍵違い数が約5兆5千億。不正複製がほぼ不可能なディンプルキーで、誰にでも挿入しやすく軽量コンパクトなリバーシブルキーです。

  • 参考写真
    防犯カメラ

    共用部分の主要箇所は防犯カメラが不審者の侵入を監視。居住者の安全を見守ります。

  • 参考写真
    カラーモニター付インターホン

    来訪者をTVモニター(カラー画面)で確認。不審者や悪質な訪問セールスから暮らしを守ります。(玄関は音声のみとなります)

  • 参考写真
    鎌デッドボルト錠

    ストライク部にがっちりとかみ合う鎌デッドボルト。玄関ドアの無理なこじ開けを困難にします。

  • 参考写真
    防犯センサー

    住戸内の窓と玄関ドアに設置、センサーのセット時に不審者の侵入を感知すると、警備会社へ自動通報します。※全住戸の玄関、および一部住戸※1の窓(FIX・面格子付は除く)※1. 2階住戸、3階住戸(A・B・C・D・Eタイプのみ)・15階住戸

  • 参考写真
    防犯サムターン(玄関ドア)

    外部から工具などを使って回そうとする「サムターン回し」に高い防犯性を誇る特殊な室内施錠用つまみ(防犯サムターン)を採用しています。

  • 参考写真
    チェーンゲート

    車路に設置された車両専用電動チェーンゲート。操作は乗車したままリモコンで行えます。

防災Disaster Prevention

万が一の災害を考慮した安心対策。

  • 参考写真
    地震対策ラッチ(キッチン吊戸棚扉)

    地震の際、吊戸棚の扉が開いて食器類等が落ちてこないよう、耐震ラッチを装備しました。

  • 概念図
    対震ドア枠

    地震時にドア枠のゆがみによって開け閉めに支障がでにくい、対震ドア枠を採用しました。

  • 参考写真
    Siセンサー

    ガスコンロ使用中に煮こぼれなど、何らかの原因で火が消えても立ち消え安全装置が作動して自動でガスを止めます。

  • 参考写真
    足元保安灯

    停電時に自動点灯し足元を照らすフットライトを設置。取り外せば懐中電灯としてもお使いいただけます。

  • 参考写真
    WELL UP(非常用飲料水生成システム)

    高分子RO(逆浸透)膜を利用したシステムで、建物内の非常用飲料水槽から取水し、スピーディーにろ過して飲料水を供給します。

  • 参考写真
    かまどスツール

    座面を取り外すとかまどになるスツール。普段は、スツールとして設置。災害時には炊き出し用かまどとして利用できます。

  • 参考写真
    マンホールトイレ

    マンホールに設置可能な災害用マンホールトイレを常備。災害により断水でトイレが使えないというときに安心の災害対策備品です。

  • 概念図
    防災グッズ

    万が一の際にご利用いただける防災グッズを、共用部の防災備蓄倉庫に設置します。

  • 参考写真
    防潮板

    住まいの基本ともいえる安心・安全を守るため、電気室には万が一の際に備えて防潮板を設置しています。

  • 概念図
    停電時自動着床装置

    停電によりエレベーターが途中階に停止した場合、バッテリー電源で最寄階へ着床させてドアを開き、避難を可能にします。

  • 概念図
    火災時管制運転

    火災が起こった場合、エレベーターを避難階へ直行で着床させ、乗客の迅速な避難を促すとともに、閉じ込めを防ぎます。

  • 概念図
    地震時管制運転(P波・S波)

    地震時の初期微動(P波)をいち早くキャッチしてエレベーターを最寄階まで運転し、ドアを開きます。本震(S波)が小さい場合には自動的に通常運転に復帰します。

※※表示内容は2020年8月時点のものです。※掲載の参考写真・概念図はイメージであり実際とは異なります。※掲載の写真は、モデルルーム(Iタイプ)を撮影(2020年8月)したものです。
物件概要 オンライン
案内会
資料請求 来場予約