設備仕様 Equipment

リビング・ダイニング
リビング・ダイニング
  • 設備仕様
  • 構造
  • セキュリティ・防災

料理をする時間も、
リフレッシュのひとときも、
心地よく、そして贅沢に。

キッチン
Kitchen

キッチン

キッチン

  • ガラストップコンロ

    ガラストップコンロ

    汚れが付きにくく、サッと拭くだけで簡単にお手入れできるフラットなガラストップコンロを採用。グリル内を汚さず様々な料理を楽しめるココットプレート付きです。

  • 整流板付ステンレス製レンジフード

    整流板付ステンレス製レンジフード

    清掃性・デザイン性を向上させたステンレス製レンジフードを採用。整流板は汚れが染み込まない高品位ホーローを採用。ホーローだから頑固な油汚れも拭き取りやすくなりました。

  • 低騒音シンク

    低騒音シンク

    水はね音や衝撃音を軽減。食器を洗う際の音も小さいため、家族と会話しながら作業できます。

  • 人造大理石キッチン天板

    人造大理石キッチン天板

    カウンタートップは高級感漂う人造大理石を採用しました。温もりのある質感が心地よく、美しく格調高いキッチンを演出します。

  • シングルレバーシャワー水栓

    シングルレバーシャワー水栓

    レバー操作ひとつで水量・温度調整ができる、シングルレバーシャワー推薦を採用しました。シャワーヘッドが引き出せるのでシンクの掃除などに便利です。

  • ディスポーザ

    ディスポーザ

    生ゴミをキッチンで洗い流すディスポーザを採用。ご家庭の生ゴミの量を軽減し、お部屋に嫌なニオイがこもりにくくなります。

  • 食器洗い乾燥機

    食器洗い乾燥機

    標準・強力・節電・少量のコースが選べます。動作音も静かで、手洗いに比べて節水効果の高いエコロジー仕様の食器洗浄乾燥機を標準装備致しました。

  • 吊り戸棚

    吊り戸棚

    レンジフード隣に吊り戸棚を設置。キッチンペーパーやラップが収納でき便利です。よく使うものを、使いやすい位置に収納できます。

  • 人造大理石キッチン天板

    ソフトクローズ付スライドキャビネット

    スライド収納にはプルモーションを採用。重い土鍋などを入れてもスムーズな引き心地を実現し、閉める際の「バタン・ガシャン」といいう不快音を解消します。

洗面室
Powder Room

洗面室

洗面室

  • 三面鏡裏収納

    三面鏡裏収納

    メイクやヘアセットなどに便利な大型ミラーの三面鏡をセット。ミラー扉裏に大容量の収納空間を実現。洗面カウンターまわりをすっきりと保てます。

  • カウンター一体型洗面ボウル

    カウンター一体型洗面ボウル

    洗面カウンターの幅は100cm以上とし、高さは80cmを標準としています。幅は動作寸法や鏡裏収納の収納物のサイズなども考慮しています。

  • シングルレバー混合水栓

    シングルレバー混合水栓

    レバー水栓でムダなお湯や水の使用をカット。洗面ボウル内の隅々までお湯や水が届くように、水栓のヘッド部分が引き出し可能です。

  • ヘルスメータースペース

    ヘルスメータースペース

    置き場に困るヘルスメーターを収納できる空間が洗面台下に確保されています。

  • 節水型住宅用システムトイレ

    節水型住宅用システムトイレ

    便器の洗浄水量が従来の13Lから4.8Lという節水を実現。従来に比べて大幅に節水効果が期待できます。また、TOTO独自技術のセフィオンテクと仕様なので汚れが付きにくく、落としやすくお手入れが簡単です。

  • ディスポーザ

    手洗いカウンター

    トイレにゆとりを生む手洗いのカウンターを設置。洗面化粧台と同素材の手洗いボウルと木目を採用した下部キャビネットで上質な雰囲気を演出します。

浴室
Bathroom

浴室

浴室

  • 低床浴槽

    低床浴槽

    浴槽のまたぎ高さを低く抑えた低床式ユニットバスを採用しました。小さなお子さまやご年配の方々にも安全にご入浴いただけます。

  • 浴室換気乾燥機

    浴室換気乾燥機

    換気機能でカビの発生を抑制するのに加え、夜間や雨の日の洗濯物の乾燥に便利な乾燥機能も装備。暖房機能も備えています。

  • くるりんポイ排水口

    くるりんポイ排水口

    浴槽排水を利用して排水口内に渦を発生させ、排水口を洗浄しながらヘアキャッチャー内に髪の毛やゴミをまとめます。お掃除を簡単にしてくれる排水口です。

  • FRP製床(モザイクパターンⅡ)

    FRP製床(モザイクパターンⅡ)

    表面形状はモザイクパターンを採用しています。汚れを含んだ水溜りの形成を防ぎ排水するので、素早く乾燥し、汚れ残りも少なくなります。お手入れはブラシで軽く擦るだけで簡単に済みます。

  • 節水型住宅用システムトイレ

    エコフルシャワー

    シャワーヘッドに内蔵した羽根車がシャワー穴の半分をふさぎながら高速回転。シャワー内の圧力を上げることで、少ない水量でも快適に使用いただけます。

  • 概念図

    サーモバス

    浴槽を丸ごと断熱材で包むことで保温性を高めた保温浴槽。4時間で2.5℃しか湯温が冷めず、追い焚きや足し湯を節約することができます。※データは「JIS A 5532浴槽」に示された評価方法に基づき測定した実験値です。使用条件により異なります。

Water System

良水工房良水工房

「良水工房のオール浄水」システム

住まいで使うすべての水を美味しくやさしい水にするオール浄水システムです。二重にろ過することにより、水道水に含まれるミネラル分を残しながら、不純物や残留塩素を低減。飲用はもちろん、肌・髪に刺激の少ない健康的な水を、家中すべての蛇口からご利用いただけます。※1.水質・地域により異なります。※2.フィルター交換費用は管理費に含まれます。※上記写真はすべてイメージです。

基礎構造

ー 堅固な地盤に支えられた安心感。

「グレーシア湘南藤沢テラス」は、地盤調査を綿密に行い、支持地盤の深さを確定。軸径、拡底部の直径約1.0m〜3.0mの基礎杭を、地表から深さ約4.3m〜7.4mの安定した支持層まで打ち込んでいます。住まいをしっかりと支え、堅牢な基礎構造を実現しています。

基礎構造概念図
建物に対して適切な基礎方法を
決定するための地盤調査

敷地の地盤の性状を把握し、設計施工上の資料を得るため、土質試験や標準貫入試験など、綿密に地盤の調査を行っています。そして、建物に対して最も適切な基礎方式を決定します。

概念図

躯体構造

ー 強靭な構造が生活の基本をしっかりと支える。
  • 二重床・二重天井構造

    コンクリートスラブと床・天井材との間にスペースを確保し、そこに配管配線等を通すことで、将来のリフォームやメンテナンスにも配慮した構造です。

    概念図
  • 溶接閉鎖型せん断補強筋

    コンクリート柱内の帯筋に溶接閉鎖型せん断補強筋を採用。主筋に巻き付けるフックの部分がないため地震時に主筋から外れにくく、予想外の柱耐力の低下を防止出来ます。また、コンクリートのまわりが良く、構造躯体の品質向上にもなります。

    概念図
  • 外壁・戸境構造図

    外壁や住戸間を仕切る戸境壁は約150~220mmのコンクリート厚を確保し、遮音性に配慮しました。

    概念図
  • 高い耐久性を保つコンクリート

    コンクリートは基準強度を約36N/m㎡までの複数のコンクリートを場所に応じて使い分けています。1㎡あたり最大3600tの圧縮に耐えられる強度であり、劣化が生じにくいコンクリートです。※上記数値はコンクリートの圧縮強度であり、床に載せられる重さではありません。

    概念図
  • コンクリートかぶり厚

    鉄筋が錆びると膨張してコンクリートを破損し、耐久年数が著しく低下します。これを適正なかぶり厚さを確保することによって抑制しています。

    概念図
  • 構造体の強度を高めるダブル配筋

    格子状に組んだ鉄筋をコンクリートの中に2列に組み立てるダブル配筋を採用。シングル配筋と比較して、高い強度と耐震性・耐久性を実現します。(コンクリート手摺他一部除く)

    概念図

遮音構造

ー 上下間や隣戸間のプライバシーに配慮した遮音性能。
  • 床・壁・窓について(住居専有部内の居室)

    床・壁・窓について
  • 水廻りとの間仕切り壁

    水廻り及びPSが居室に面する場合、グラスウール充填としています。※一部異なる場合がございます。

    概念図
  • 専有部内のPS内排水立管

    吸音材(グラスウール)と遮音シートで音対策を施した受口付硬質ポリ塩化ビニル管を採用。(エアコン用ドレン管を除く)※PS:パイプスペース。

    概念図

住まう人の生活と幸せを守る、
システムと設備。

セキュリティSecurity

24時間365日を見守るセキュリティシステム。

トリプルセキュリティ

来訪者の出入はエントランス・サブエントランス1を通じ、エントランスホールに集約。エントランスホールで来訪者をお迎えしつつ、3ヶ所のチェックにより居住者の安全を確保します。

トリプルセキュリティ

※集合玄関機及びカメラはエントランス・サブエントランス1及びエントランスホールのみとなります。※来訪者に対し、住戸内モニターで解錠操作ができるのはエントランス・サブエントランス1及びエントランスホールの集合玄関機のみとなります。※サブエントランス2(自転車置場出入口)からの出入は居住者専用のノンタッチキー操作による解錠のみとなります。

24時間セキュリティシステム

日常のセキュリティ管理はオンライン監視による24時間セキュリティシステムを採用。セキュリティセンターで異常を瞬時に判断。緊急対処員がスピーディに対応。さらに24時間365日体制の管理のもと緊急事態にすばやく対応。マンション内の防災・防犯感知をセキュリティセンター(SECOM・相鉄企業)とオンライン接続。総合セキュリティシステムによる日常の安全を守ります。

24時間セキュリティシステム 概念図

※外観完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等の設備機器等や商業施設の看板等再現されていないものがございます。また、植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。※外観は計画段階のものであり、変更の可能性があります。※周辺建物は簡易化しております。

シリンダー&ディンプルキー不正複製がほぼ不可能な、約5兆5千億通りの鍵違い

概念図

鍵穴を小さく丸くしたことでピッキング工具の挿入を困難にし、万一挿入された場合でもアンチピッキングを採用していることで解錠が困難です。またシリンダー内部に埋め込んだプロテクターにより、ドリリングに強い構造になっています。(ドリリングとは、ドリルなどを用いてシリンダーを破壊する手口などのことです)

鍵

キーは鍵違い数が約5兆5千億。不正複製がほぼ不可能なディンプルキーで、誰にでも挿入しやすく軽量コンパクトなリバーシブルキーです。

  • 参考写真
    防犯カメラ

    共用部分の主要箇所は防犯カメラが不審者の侵入を監視。居住者の安全を見守ります。

  • 参考写真
    カラーモニター付インターホン

    来訪者をTVモニター(カラー画面)で確認。不審者や悪質な訪問セールスから暮らしを守ります。(玄関は音声のみとなります)

  • 参考写真
    鎌デッドボルト錠

    ストライク部にがっちりとかみ合う鎌デッドボルト。玄関ドアの無理なこじ開けを困難にします。

  • 参考写真
    防犯センサー

    住戸内の窓と玄関ドアに設置、センサーのセット時に不審者の侵入を感知すると、警備会社へ自動通報します。※全住戸の玄関、および一部住戸※1の窓(FIX・面格子付は除く)※1. 2階住戸、3階住戸(A・B・C・D・Eタイプのみ)・15階住戸

  • 参考写真
    防犯サムターン(玄関ドア)

    外部から工具などを使って回そうとする「サムターン回し」に高い防犯性を誇る特殊な室内施錠用つまみ(防犯サムターン)を採用しています。

  • 参考写真
    チェーンゲート

    車路に設置された車両専用電動チェーンゲート。操作は乗車したままリモコンで行えます。

防災Disaster Prevention

万が一の災害を考慮した安心対策。

  • 参考写真
    地震対策ラッチ(キッチン吊戸棚扉)

    地震の際、吊戸棚の扉が開いて食器類等が落ちてこないよう、耐震ラッチを装備しました。

  • 概念図
    対震ドア枠

    地震時にドア枠のゆがみによって開け閉めに支障がでにくい、対震ドア枠を採用しました。

  • 参考写真
    Siセンサー

    ガスコンロ使用中に煮こぼれなど、何らかの原因で火が消えても立ち消え安全装置が作動して自動でガスを止めます。

  • 参考写真
    足元保安灯

    停電時に自動点灯し足元を照らすフットライトを設置。取り外せば懐中電灯としてもお使いいただけます。

  • 参考写真
    WELL UP(非常用飲料水生成システム)

    高分子RO(逆浸透)膜を利用したシステムで、建物内の非常用飲料水槽から取水し、スピーディーにろ過して飲料水を供給します。

  • 参考写真
    かまどスツール

    座面を取り外すとかまどになるスツール。普段は、スツールとして設置。災害時には炊き出し用かまどとして利用できます。

  • 参考写真
    マンホールトイレ

    マンホールに設置可能な災害用マンホールトイレを常備。災害により断水でトイレが使えないというときに安心の災害対策備品です。

  • 概念図
    防災グッズ

    万が一の際にご利用いただける防災グッズを、共用部の防災備蓄倉庫に設置します。

  • 参考写真
    防潮板

    住まいの基本ともいえる安心・安全を守るため、電気室には万が一の際に備えて防潮板を設置しています。

  • 概念図
    停電時自動着床装置

    停電によりエレベーターが途中階に停止した場合、バッテリー電源で最寄階へ着床させてドアを開き、避難を可能にします。

  • 概念図
    火災時管制運転

    火災が起こった場合、エレベーターを避難階へ直行で着床させ、乗客の迅速な避難を促すとともに、閉じ込めを防ぎます。

  • 概念図
    地震時管制運転(P波・S波)

    地震時の初期微動(P波)をいち早くキャッチしてエレベーターを最寄階まで運転し、ドアを開きます。本震(S波)が小さい場合には自動的に通常運転に復帰します。

  • 設備仕様
  • 構造
  • セキュリティ・防災
※掲載の写真はモデルルーム(Iタイプ)を撮影(2020年8月)し、一部加工したものです。家具・調度品等は販売価額に含まれておりません。※オプション・各種セレクトメニューには申込み期限がございます。
※表示内容は2020年8月時点のものです。※掲載の概念図はイメージであり実際とは異なります。
※※表示内容は2020年8月時点のものです。※掲載の参考写真・概念図はイメージであり実際とは異なります。※掲載の写真は、モデルルーム(Iタイプ)を撮影(2020年8月)したものです。
物件概要 オンライン案内会 資料請求 来場予約